ひょうご労働図書館のホームページへようこそ!!

 
 

ひょうご労働図書館からのお知らせ

ひょうご労働図書館からのお知らせ
1
 
12月の新着図書をアップしました
2022-01-12
 
特集コーナーが変わりました!
2022-01-12

自分の言いたいことが、相手に正しく伝わっているか、不安に感じたことはありませんか?

ビジネスでも、プライベートでも、誰にとっても重要な「話し方」「伝え方」に関する本と

「アフターコロナ」を見据えて、これからの新しい「働き方」への対策本を特集しました。

是非、ご来館をお待ちしています。

 

「仕事に役立つ!話し方・伝え方」

 コミュニケーション、言葉づかい、雑談、語彙力、電話 など

 

「アフターコロナの働き方」

 テレワーク、コロナ対策、心のケア、労務管理、経営管理、経済の動き など

 
令和3年度 第4回労働問題講演会のご案内
2021-12-22
令和3年度 第4回 労働問題講演会を、オンラインで以下のとおり開催いたします。
  
開催日時:   202223日(木)14:0016:00
 
テーマ: 「業績向上の鍵は、エンゲージメントにあり」
            ~8,010社のDB(データベース)から見えた落とし穴と解決法~

                 講師   梅原 英哉 氏
       ㈱リンクアンドモチベーション  
           MCRカンパニー カンパニー長
 
 
 
)   講師略歴 : 2008年 ㈱リンクアンドモチベーション入社、東海エリアの拠点立ち上げ
    に参画し、製造業を中心に多くの新規顧客獲得に貢献、関西エリアに就任後は小売サービス
    業を中心に中小ベンチャー企業の組織・人事コンサルティングを担当。風土改革や管理職
    育成、人事制度構築など幅広く組織人事コンサルティングに従事。
    2018年、最年少でカンパニー長(事業責任者)に就任し、現在は関西エリアの中小ベン
    チャー企業、大手小売サービス企業向け組織人事コンサルティングの事業責任者を務めて
    いる。
 
<内容> 
エンゲージメント向上を進めていこうという動きが高まってきています。エンゲージメントとは勤労者と企業の関係を示す指標となっています。類似の言葉ではモチベーション(仕事に対してポジティブで充実した心理状態、個人が掲げている目標)がありますが、エンゲージ メントは勤労者の企業に対する共感度合いを表しています。コロナ禍で業績回復が課題である今、その実現にはエンゲージメントが鍵であると、多くのコンサルティング実績から講師は説かれています。また、エンゲージメント向上は勤労者にとっても働く上での重要なファクターであることなどについてご講演賜ります。
  
   ビデオ会議サービスZoomを使ってのオンラインセミナーとなります。
 
 *開催日の3日前までに、登録されたメールアドレスにオンライン参加のご案内をお送りします。
  当日までに視聴環境の確認等を行ってください。
 
  対象者:テーマに関心のある方ならどなたでも参加できます。
      先着80名程度です。お早めに申し込み下さい。
      オンライン講演会のため、参加者一人ひとりのメールアドレスが必須です。
   
*参加申込は、『参加申込フォーム』または『申込用紙』(FAX/E-Mail)にて、お申し込みください。(参加費無料)  
 
 
年末年始の休館、及び貸出期間延長について
2021-12-09

 

12月29日(水)~ 令和4年1月3日(月)は休館します。

 

それに伴い、 12月15日(水)~12月28日(火) の貸出 は

 

       返却日を 令和4年1月12日(水) に、延長します。

 

年末年始は、中央労働センターも同期間、休館のため、返却ポストはご利用できません。

 

皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 
11月の新着図書をアップしました
2021-12-02
 
10月の新着図書をアップしました
2021-10-30
 
令和3年度 第3回労働問題講演会のご案内
2021-10-12
令和3年度 第3回 労働問題講演会を、オンラインで以下のとおり開催いたします。
  
開催日時:2021年12月10日(金)14:00~16:00
 
テーマ: 「新しい人事労働法という考え方とは」

                 講師   大内 伸哉氏
     (神戸大学大学院法学研究科教授)
 
最近の著書:AI時代の働き方と法(弘文堂2017)、解雇規制を問い直す(共著有斐閣2018)、非正社員改革(中央経済社2019)、会社員が消えるー働き方の未来図(文藝春秋2019)、デジタル変革後の「労働」と「法」(日本法令2020)、人事で企業に革新を(商事法務2021)、人事労働法―いかにして法の理念を企業に浸透させるか(弘文堂2021)など多数。
 
<内容>
 
これまでの労働法解釈論の多くは労働者弱者論と企業強者論を基本原理として、裁判規範を重視して展開されてきており、究極的には裁判の場で結論を導き、理由付けを行うために解釈理論を提供するというものであった。近年は労働紛争が増加し、その解決システムも法制化されているが、紛争は発生後の解決より未然防止の方が良い。それには企業の自発的義務の履行が望ましい。労働法においても実効性確保について論じられることが増え、当事者(特に企業)にどう法規範を遵守させるかという行為規範にも目を向けた論議が出てきている。労働者の権利や利益が、裁判における権利の確認という手続きを介さなくても実現できるように、労働法の理論体系を裁判規範ではなく企業に対して、どのような内容の義務を履行させるかという行為規範の観点から構築しようとすることと、労働者と企業の権利義務関係の基本である就業規則をどう作成するかに重点を置いていくこと。(新刊書・「人事労働法」序文より抜粋)
 
これらを骨子として、これからの労働法の考え方について解説いただきます。
 
 
   ビデオ会議サービスZoomを使ってのオンラインセミナーとなります。
 
 *開催日の3日前までに、登録されたメールアドレスにオンライン参加のご案内をお送りします。
  当日までに視聴環境の確認等を行ってください。
 
  対象者:テーマに関心のある方ならどなたでも参加できます。
      先着100名程度です。お早めに申し込み下さい。
      オンライン講演会のため、参加者一人ひとりのメールアドレスが必須です。
   
*参加申込は、『参加申込フォーム』または『申込用紙』(FAX/E-Mail)にて、お申し込みください。(参加費無料)
   
 
 
ひょうご労働図書館にゅ~す5号を発行しました
2021-10-12
「ひょうご労働図書館にゅ~す5号」を発行しました。
特集記事や新着図書紹介、労働問題研究会のご案内などタイムリーな情報がいっぱい。
館内にも設置しておりますので、是非お持ち帰りください。
 
新型コロナウイルス感染防止対策について
2021-10-01
 当図書館は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行って、通常開館しています。
 
 発熱、咳など、体調不良の方は、ご来館をお控えくださいますようお願いします。
 
 【ご来館の皆様にお願いする感染防止対策】
 ご来館の皆様には、次の感染防止対策へのご理解、ご協力をお願いします!
 
 ● マスクの着用
 ● 手指の消毒
 ● 兵庫県新型コロナ追跡システムのご登録
    または、連絡票のご記入
 ● 会話を控え、ご利用時間(最長1時間)の制限 等
 
 【当図書館で行っている感染防止対策】
 当図書館では、次の感染防止対策を行っています!
 
 ◆ 消毒薬の設置
 ◆ 館内設備、返却図書等の消毒
 ◆ 換気  
 ◆ 人的接触距離を確保するための、座席数等の削減
 ◆ 混雑時の入館者制限 等
  
 

 
 
 
 
 
 
 
9月の新着図書をアップしました
2021-09-30
1
qrcode.png
https://hyogo-roudou.jp/
モバイルサイトにアクセス!
025755
<<ひょうご労働図書館>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通6丁目3番28号 兵庫県中央労働センター1F TEL:078-367-3895 FAX:078-367-3896