労働問題研究会

 

労働問題研究会とは

労働問題研究会とは
 
 昨今の労働環境の変化が著しい状況下においては、労働者・使用者双方が労働関係法令、労働実務に関する知識等を身に付けることが労働問題発生の防止や解決に役立ちます。
 この研究会では労働問題に精通した講師から専門的な解説を通して、実践的知識を習得し、解決力の向上を図ることを目的として、年に4~5回の講演会を開催しています。
 

平成30年度

平成30年度
 
第1回「AI時代の働き方と雇用・労働問題」
<講演>
「AI時代の働き方と雇用・労働問題」
講師:神戸大学大学院法学研究科 教授 大内 伸哉氏
日程:平成30年7月19日(木)
場所:兵庫県中央労働センター
 
 人工知能(AI)の導入が社会のあらゆるところで進んでおり、特に産業・企業の中においては、すさまじいスピードで技術革新が進展している。このことは雇用面において大きく影響を与えようとしている。近い将来にAIにとって替わられてしまうと予想されている職種が100以上あるが、逆に、脚光を浴びていく職種も出てくるとの予測ある。当然のことながら、雇用環境は変化していくことは目に見えており、これに対し、企業や労働者個人はどう対応していくかについての講演であった。
 
第2~4回「無期・有期契約労働者間における労働条件の相違はどこまでか」
<2~4回共通 講演とパネルディスカッション>
 ①「長濱運輸・ハマキョウレックス事件判決(H30・6・1)判例解説と働き方改革法の解説」
    講師:関西学院大学法学部 教授 柳屋 孝安氏
 ②「判決から読み取るべき労使双方の対応策」
    ・弁護士 丹治 典彦氏(兵庫法律センター法律事務所)第2,3,4回    
    ・弁護士 吉田 裕樹氏(京町法律事務所) 第2,3回
    ・弁護士 藤原 孝洋氏(神戸中央法律事務所) 第4回
    ・関西学院大学法学部 教授 柳屋 孝安氏 第2,3,4回
日程・場所:
 第2回 平成30年10月19日(金)   尼崎商工会議所    
 第3回 平成30年11月8日(木)   姫路労働会館
 第4回 平成30年12月14日(金)  兵庫県中央労働センター
 
 無期契約労働者と有期契約労働者の労働条件に相違があるのは、企業においては広く一般的に存在することであるが、担当している業務に違いがあれば、何ら問題はなく相違は当然であるとなる。しかし、同じ業務をしている場合に、賃金について大きな格差があることがかなりみられる。この違いが不合理なのかどうかについての問題が争われ判決があったのが上記2事件である。この判決内容とその背景にある考え方を講師から解説いただいたあと、契約法19条、20条等から見て、不合理な格差があるものに対し、労使双方の立場を取る弁護士から、双方の考え方と今後の対応策について討論を行った。
 
配布資料
研究会で配布した資料を一部公開しています。
なお、これらの資料の一切の複製、転載、再配布を禁じます。
 

平成29年度

平成29年度
 
第1~3回「労働契約法の内容と留意点」
<1~3回共通 講演>
①「労働契約法の内容と留意点」
  講師:関西学院大学 副学長・法学部教授 柳屋 孝安氏
②「無期転換制度に備えた社内整備・運用のポイント」
  講師:社会保険労務士 下川 正義氏
 
日程・場所:
第1回 平成29年7月18日(火) 兵庫県中央労働センター    
第2回 平成29年9月13日(月) 尼崎商工会議所
第3回 平成29年9月29日(月) 姫路労働会館
 
 労働契約法は使用者と労働者の雇用関係を律する重要な法律であるが、施行になってまだ日も浅いことから理解されていない部分もあり、紛争防止の観点からの留意点の解説と無期転換申し出制度がH30年4月から始まるが、単に、短期を無期に変えるということでは問題が発生するので、雇用区分の設定、対象者、雇用契約締結例、就業規則例などを示しながら具体策のポイントについて解説を行った。
 
第4回「テレワーク・在宅勤務導入における留意点と導入事例の紹介」
<講演>
「テレワーク・在宅勤務導入における留意点と導入事例の紹介」
 講師:兵庫県立大学 経営学部 教授 加納 郁也氏
<紹介>
「ひょうご仕事と生活センターの活動概要と利用について」
日程:平成29年10月24日(火)
場所:兵庫県中央労働センター
 
 長時間労働削減、育児介護等の問題に対応するためには、多様な勤務形態の導入が必要です。
その一つの手法であり、政府も推進をPRしているテレワーク・在宅勤務制についての留意点と企業の事例紹介を行った。
 
第5回「同一労働・同一賃金と集団的労使関係」
<講演>
「同一労働・同一賃金と集団的労使関係」
講師:(独)労働政策研究・研修機構 労働政策研究所長 濱口 桂一郎氏
日程:平成30年1月29日(月)
場所:兵庫県中央労働センター
 
 同一労働・同一賃金実現に向けて活発な論議が展開されているが、我が国の労働慣行の下での実現には課題が多々ある。これまでの推移も踏まえながら、集団的労使関係システムも活用すべきとする考えを労働法政策に詳しい講師から講演を願った。
   
-------------------------------------------------------------------------------------------------
研究会の資料をご希望の場合は、お問い合わせフォームより事務局までお問い合わせください。
qrcode.png
https://hyogo-roudou.jp/
モバイルサイトにアクセス!
013689
<<ひょうご労働図書館>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通6丁目3番28号 兵庫県中央労働センター1F TEL:078-367-3895 FAX:078-367-3896