ひょうご労働図書館では、ビジネス・労働関係の書籍・資料や人気作家の小説、話題の図書、雑誌等を多数所蔵しています。どなたでもお気軽にご利用ください。

過去の講演会

令和3年度 第1回 「働き方改革の課題-ジョブ型雇用とその限界-」(2021年7月27日)


  • 開催日時:
    令和3年7月27日(火)15:00~17:00
  • 参加者:
    68名
  • 場所:
    リモート講演会(Zoom)
  • 講師:
    太田 肇 氏(同志社大学政策学部教授)
  • 略歴:
    神戸大学大学院経営学研究科修了、京都大学経済学博士、専門は組織論、
    モチベーション論。個人を尊重する組織論者と知られ、個の観点から組織や社会について幅広く発信。 
    著書は「社員の潜在能力を引き出す経営」「なぜ日本の企業は勝てなくなったのか」「組織を強くする人材活用戦略」「承認欲求の呪縛」「「超」働き方改革」など多数。
講演要約

コロナ禍に伴いテレワークが進む中、組織のボーダレス化・フラット化の進展によってアウトプット重視・成果主義が主流になるが、“ジョブ型雇用”は給与制度や採用方法、人材育成など制約も多い。そのため、今後は、“自営型”が新たな潮流になると見込まれ、FA制度、役職公募制の拡充、Uターン採用、インターンシップからの採用などの制度普及が期待されるなどと解説された。

※講演会の資料をご希望の場合は、お問い合わせフォームより事務局までお問い合わせください。

TOPへ