ひょうご労働図書館では、ビジネス・労働関係の書籍・資料や雑誌等を多数所蔵しています。どなたでもお気軽にご利用ください。

貸出・予約等(各種サービス)

ひょうご労働図書館は、労働専門図書館として関連分野をはじめ、多様な図書及び資料を収集、閲覧・貸出・レファレンスサービスなどを行っています。
館内開架の図書・雑誌・新聞等は、どなたでもご自由に閲覧いただけます。

貸出

兵庫県民(在勤、在学を含む)の方は、当館独自の図書館カードで、本を貸出できます。

カード作成時に氏名・住所等の確認をさせていただきますので、身分証明書をお持ちください。
貴重書等、貸出できない資料もありますので、ご了承ください。

  • 貸出限度冊数
    図書・雑誌・DVD等 合計10点まで
  • 貸出期間
    2週間

予約

ご希望の図書や資料が貸出中の場合、申込フォームや、カウンターの予約申込書、館内蔵書検索パソコンにて、予約ができます。

ご用意でき次第、ご登録いただいたメールアドレスか、お電話に連絡いたしますので、1週間以内のご来館、受け取りをお願いします。

予約・貸出延長申込フォーム

 

貸出延長

借りている図書を引き続き借りたい時は、他の利用者から予約が入っていなければ、返却期限日前に限り、2週間、貸出期限の延長ができます。

1回目の延長のみ、申込フォームや、お電話でもお受けします。

最大貸出延長期間

当初の返却期限日から、2週間の延長を3回まで可能です。
( 当初の貸出日から換算して、最大8週間まで )

予約・貸出延長申込フォーム

注意事項
  • 2回目以降の延長は、ご来館のうえ、受付カウンターにお申し出ください。

返却

返却する図書を受付カウンターにお持ち下さい。

図書館閉館時の返却には、兵庫県中央労働センターの玄関を入ってすぐ、左の赤い『返却ポスト』をご利用ください。

 ※ 兵庫県中央労働センター(078-341-2271)の休館日及び閉館時は利用できません。

郵送での返却も受け付けています。 送料は利用者のご負担となります。

但し、CD・DVD等はすべて、破損防止の為、直接、図書館カウンターにお返しください。

各種サービス

ひょうご労働図書館では、様々なサービスを提供しております。 ぜひご利用ください。

リクエスト

当館が所蔵していない図書をご希望の場合は「図書リクエスト」用紙に必要事項をご記入のうえ、受付カウンターへご提出ください。

リクエストによってはお応えできない場合や、貸出までに2ヶ月以上かかる場合がありますのでご了承ください。

レファレンス

所蔵確認や主題による資料の検索等、HPのお問い合わせフォームや、お電話、E-mail、FAXでも受け付けています。

但し、内容によってはお時間をいただくこともありますのでご了承ください。

コピー
  • 受付方法
    「資料複写申込書」に必要事項をご記入のうえ、受付カウンターにお申し出ください。
  • 利用料金
    1枚 10円
    ※ なるべく小銭をご用意ください。
  • 利用方法
    セルフサービス (申込受付: 閉館30分前まで)
    ※ ミスコピーも料金に含まれます。用紙設定等、操作には十分ご注意ください。
  • 利用制限
    当館の所蔵本・資料に限り、著作権法の範囲内で複写できます。
    ※ 著作権法第31条の規定により、雑誌の最新号、当日の新聞の複写はできません。

館内ご利用時の注意

  • 手荷物(貴重品)等の管理は、各自でお願いします。
  • 入口横のロッカーもご利用いただけます。 ( 利用時の100円は返却されます。)
  • 館内での喫煙、飲食、携帯電話等のご使用はご遠慮ください。
  • 他の利用者への迷惑行為を続ける場合は退室していただきます。

書庫内資料の閲覧又は貸出

今津資料・古家資料・雑誌のバックナンバー等、書庫内に保存している資料の閲覧、または貸出をご希望の場合は、受付カウンターにお申し出ください。

兵庫県立図書館の本の貸出

当館の受付で、県立図書館が所蔵する図書等を貸出することができます。 この場合、特別な費用はかかりません。

手続・貸出までの流れ

※ 県立図書館への予約は、当館が行います。

  1. 「図書カード」及び「兵庫県立図書館資料貸出依頼票」を当館受付カウンターに提出
  2. 県立図書館から図書等到着(約10日間かかります。)後、当館から連絡
  3. 当館受付カウンターで貸出手続き

兵庫県立図書館WEBサイト

貸出限度冊数

10冊まで
※ ひょうご労働図書館所蔵の貸出限度冊数10冊と合わせて20冊

貸出期間

2週間

貸出延長

当初の返却期限日から2週間の延長を3回まで可能です。
※ 当初の貸出日から換算すると最大8週間

注意事項等
  • 1回目の延長は、お電話でもお受けします。2回目以降の延長に関しては、来館のうえ、受付カウンターにお申し出ください。
  • 貸出延長をしようとする図書等が、他の利用者から予約が入っているときは、貸出延長ができません。

TOPへ